失敗するリスク


薄毛の治療に効果的だと言われているHARG療法ですが、失敗する可能性はあるのでしょうか。世の中には完璧なものは存在していないので、もちろんHARG療法といえども失敗してしまう可能性はありますが、成功率はかなり高くなっていると言えます。ただし、成功したか失敗したのかという基準は、人によってかなり変わってくるでしょう。多少髪の毛が増えただけでも成功と捉える人もいます。

治療その反対に、多少髪の毛が生えただけでは失敗だと思う人も存在しているのです。どれぐらい髪の毛が薄い状態で治療を開始したのかによっても効果は変わってきますし、その人の体質によっても変わってくるでしょう。治療が進むスピードも人によって差が出てしまうので、短時間で成功したという人もいれば、成功するまでかなり時間がかかってしまったという人もいるのです。

そのため、失敗したか成功したかということで判断するのではなく、どれぐらいの人が満足したのかという点に注目してみるべきでしょう。満足度が高ければ、HARG療法を行う価値があるのですが、逆に満足度が低ければ、他の治療法にした方がよい場合もあります。しかし、HARG療法はとても満足度が高くなっているので、薬を飲み続けるよりもHARG療法を希望する人の方が多いのではないでしょうか。