薬と同時に治療


HARG療法とAGA治療の定番と言われている薬を用いる治療は異なっているので、同時に行うことは少ないでしょう。しかし、HARG療法を行っていく過程で、せっかく生えてきた髪の毛を残したいという場合には、同時に薬を用いることもあります。よく用いられている薬はプロペシアですが、他にもプロペシアと同じような成分のフィナステリドを用いることや、ミノキシジルを用いる場合もあります。

薬薄毛がかなり進行している状態であれば、同時に双方を用いることもあるのですが、早期の治療であればまず同時に行うことはないでしょう。また、AGAの治療でプロペシアやミノキシジルなどを用いた場合に、副作用などが原因で服用を止めるように医師から指示された場合、HARG療法単体で行うのが一般的です。では、最初からプロペシアとHARG療法を同時に行っていた場合、副作用が出たらどのように対応するのでしょうか。

副作用の原因はプロペシアやミノキシジルなどの薬が原因なので、まず薬の服用を止めるように指示されることが多くなっています。HARG療法はそのまま継続して行い、HARGENONスプレーなどを用いることがあるのです。HARGENONスプレーの名前や処方などはクリニックによって異なります。しっかりとしたクリニックを選択すれば、プロペシアやミノキシジルが用いられなくなったときでも心配する必要はありません。