薬と同時に治療

HARG療法とAGA治療の定番と言われている薬を用いる治療は異なっているので、同時に行うことは少ないでしょう。しかし、HARG療法を行っていく過程で、せっかく生えてきた髪の毛を残したいという場合には、同時に薬を用いることもあります。よく用いられている薬はプロペシアですが、他にもプロペシアと同じような成分のフィナステリドを用いることや、ミノキシジルを用いる場合もあります。

薬薄毛がかなり進行している状態であれば、同時に双方を用いることもあるのですが、早期の治療であればまず同時に行うことはないでしょう。また、AGAの治療でプロペシアやミノキシジルなどを用いた場合に、副作用などが原因で服用を止めるように医師から指示された場合、HARG療法単体で行うのが一般的です。では、最初からプロペシアとHARG療法を同時に行っていた場合、副作用が出たらどのように対応するのでしょうか。

副作用の原因はプロペシアやミノキシジルなどの薬が原因なので、まず薬の服用を止めるように指示されることが多くなっています。HARG療法はそのまま継続して行い、HARGENONスプレーなどを用いることがあるのです。HARGENONスプレーの名前や処方などはクリニックによって異なります。しっかりとしたクリニックを選択すれば、プロペシアやミノキシジルが用いられなくなったときでも心配する必要はありません。

失敗するリスク

薄毛の治療に効果的だと言われているHARG療法ですが、失敗する可能性はあるのでしょうか。世の中には完璧なものは存在していないので、もちろんHARG療法といえども失敗してしまう可能性はありますが、成功率はかなり高くなっていると言えます。ただし、成功したか失敗したのかという基準は、人によってかなり変わってくるでしょう。多少髪の毛が増えただけでも成功と捉える人もいます。

治療その反対に、多少髪の毛が生えただけでは失敗だと思う人も存在しているのです。どれぐらい髪の毛が薄い状態で治療を開始したのかによっても効果は変わってきますし、その人の体質によっても変わってくるでしょう。治療が進むスピードも人によって差が出てしまうので、短時間で成功したという人もいれば、成功するまでかなり時間がかかってしまったという人もいるのです。

そのため、失敗したか成功したかということで判断するのではなく、どれぐらいの人が満足したのかという点に注目してみるべきでしょう。満足度が高ければ、HARG療法を行う価値があるのですが、逆に満足度が低ければ、他の治療法にした方がよい場合もあります。しかし、HARG療法はとても満足度が高くなっているので、薬を飲み続けるよりもHARG療法を希望する人の方が多いのではないでしょうか。

薄毛対策HARG療法 

薄毛の治療法は1つしか存在していないわけではありませんが、大半の人は薬を用いた治療になるでしょう。薬はプロペシアやミノキシジル、フィナステリドなどが一般的ですが、これらの薬で治療を行う場合、長期間服用し続けなければならなくなります。しかも副作用が出やすいという特徴があるので、人によっては途中で断念しなければいけない事態になることもあります。もし薬が用いられなくなった場合には、薄毛を改善するのを諦めるしかないのでしょうか。

調べる薬が用いられない場合には、HARG療法という方法を用いることで、薄毛の治療が行えます。ただし、HARG療法を用いている医療機関はまだ日本では少ないので、どこの医療機関へ行っても行える治療法ではありません。できればAGAを専門に治療してくれる医療機関を探し、HARG療法を行っているかどうか確かめてみましょう。行っていれば評判を確かめて、問題なければ通って見るのもよいのですが、まずは情報収集が大切です。

HARG療法を行っているかどうか確かめるには、インターネットはかなり役に立つでしょう。ついでに評判を調べておき、問題なさそうであれば通って治療を行います。その際にHARG療法を行っているというホームページを見たので、試してみたいということを告げておくのがよいでしょう。実際にクリニックまで赴いて、カウンセリングを行うときに報告してもよいですし、問い合わせをして失敗するリスクはないか?効果はどのくらいででるのか?気になることを確かめておくという方法でも問題はありません。できれば最初に問い合わせをしておくのがよいでしょう。

◆推奨ホームページ◆
薄毛治療対応/名古屋中央クリニック
HARG療法を行っているクリニックのサイトです。